ニュースと動画最新情報

話題の人物や今日の出来事に関するニュースと動画を掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<不法係留>大阪・阪南港に多数の船舶 府が撤去へ

<不法係留>大阪・阪南港に多数の船舶 府が撤去へ

毎日新聞 10月19日(土)8時55分配信

 大阪府貝塚市の阪南港にある埋め立て地の護岸で、府内に住む船舶修理業の男性がプレジャーボートなど多数の船舶を無許可で係留させている疑いがあることが、府などへの取材で分かった。男性はロープやいかりなどの係留設備を船舶所有者らに有料で提供しているといい、府港湾局は悪質な不法係留ビジネスと判断し、近く行政代執行で船11隻や設備を強制撤去する方針だ。府によると、不法係留のこれほど大規模な取り締まりは初めて。【向畑泰司】

 府港湾局によると、プレジャーボートなどの船舶は、水域占用料を納め自治体から許可を受けた施設内でしか係留できない。無許可係留の船が並ぶのは阪南港内の護岸約500メートルで、2年前には約85隻が留められていたという。府は2010年、府内で約280隻の不法係留を調査で確認したが、約4割が阪南港に集中していた。

 東日本大震災の際、船が津波で陸に打ち上げられ被害が拡大したこともあり、府は11年、不法係留対策チームを設置した。その後、阪南港に関する複数の情報が寄せられ、府は男性や船舶所有者らに船や係留設備の撤去を再三指導し、一部の所有者は従ったという。しかし、現在も、ボートやヨット、漁船など約25隻が留められている。また、階段や浮桟橋などの設備が無断で設置され、海中に古い遊覧船なども沈んでいる。

 男性から中古ボートを買って係留していた所有者は「(男性に)メンテナンス料として年間数万円を払ってきた」と府に説明。別のボート所有者は取材に「違法ではないかと思ったが、(男性から)『府と話がついているので大丈夫』と言われた。いかりなどの使用料として約10年間で計85万円を支払った」と答えた。民間マリーナの使用料は年数十万円に上るため、「格安だった」と話す。府によると、男性は少なくとも約10年前からあっせんしていた可能性があるという。

 男性は取材に、「関西空港の造成工事に伴い、府の指示でこの場所に移動させられた。突然不法係留と言われても筋違いだ」と話している。府は近く、港湾法に基づく行政代執行手続きを取り、所有者不明のプレジャーボート11隻や約40個の係留設備を強制撤去する方針。残り10隻余りは所有者に引き続き撤去を指導し、従わなければ追加で強制撤去する。港湾局は「この男性に係留を許可したことはない。悪質な事案を厳正に取り締まり、抑止につなげたい」としている。



☆‥‥‥‥☆‥‥‥‥☆☆‥‥‥‥☆‥‥‥‥☆
{PR}田丸麻紀さんも愛用している簡単エクササイズ


【送料無料】 レッグマジックX おまかせ安心トータルセット 期間延長、送料無料!!(10月12日(火...
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。