ニュースと動画最新情報

話題の人物や今日の出来事に関するニュースと動画を掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署員の警告電話、本人に伝わらず…三鷹殺害

署員の警告電話、本人に伝わらず…三鷹殺害

読売新聞 10月11日(金)21時23分配信

 東京都三鷹市で高校3年の女子生徒(18)が刺殺された事件で、警視庁は11日、女子生徒からストーカー行為の相談を受けた三鷹署員が、元交際相手の池永チャールストーマス容疑者(21)(殺人容疑などで送検)に警告のためにかけた3回の電話の番号は、池永容疑者が友人から借りた携帯電話のものだったことを明らかにした。

 留守番電話に残したメッセージも、本人に伝わっていなかったという。

 同庁幹部の説明によると、事件当日の8日午前10時半頃、女子生徒と両親の相談に応対した三鷹署生活安全課の署員は、ストーカー行為をやめさせようと、池永容疑者に口頭で警告するため、その場で女子生徒から聞いた携帯電話の番号に連絡。相談後の午後1時頃と午後5時前にも電話をしたが、いずれもつながらず、署員は「三鷹署です。連絡を下さい」と留守番電話にメッセージを残した。

 事件発生後、同庁でこの番号を調べたところ、池永容疑者の友人の携帯電話だったことが判明。女子生徒と池永容疑者が交際していた当時は、池永容疑者が友人から借りていたが、その後、友人に返却されていた。

 また、女子生徒は、署員から安否確認の電話を受けた数分後の8日午後4時50分頃、自室のクローゼットに隠れていた池永容疑者に襲われた。この時、池永容疑者は電話のやり取りを聞いていたものの、「誰と何を話していたか全然わからなかった」と供述しているという。



☆‥‥‥‥☆‥‥‥‥☆☆‥‥‥‥☆‥‥‥‥☆
{PR}田丸麻紀さんも愛用している簡単エクササイズ


【送料無料】 レッグマジックX おまかせ安心トータルセット 期間延長、送料無料!!(10月12日(火...
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。