ニュースと動画最新情報

話題の人物や今日の出来事に関するニュースと動画を掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<養子縁組殺人>養父の妻に懲役23年 大阪地裁

<養子縁組殺人>養父の妻に懲役23年 大阪地裁

毎日新聞 10月8日(火)23時32分配信

 大阪府高槻市の淀川堤防で2010年4月、宇野津由子さん(当時36歳)の遺体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、宇野ひとみ被告(39)の裁判員裁判の判決が8日、大阪地裁であった。島田一裁判長はひとみ被告の無罪主張を退けた上で、「保険金目的という利欲的な動機で殺害した」と述べ、求刑通り懲役23年を言い渡した。

 判決によると、ひとみ被告は、夫である津由子さんの養父(当時39歳)=自殺、知人の佐々木一幸受刑者(45)=懲役20年確定=と共謀。保険金のため10年4月28日、同府能勢町の路上に止めた車内で佐々木受刑者に津由子さんを絞殺させ、知人の入江誠受刑者(39)=懲役3年4月確定=に遺体を遺棄させた。養父は養子縁組した津由子さんに生命保険をかけていた。

 ひとみ被告の関与を直接示す証拠がなく、公判では、「ひとみ被告と養父から300万円の報酬を示されて殺害を依頼された」とする佐々木受刑者の供述の信用性が最大の争点となった。

 島田裁判長は、ひとみ被告の関与を認めた佐々木受刑者の公判証言などについて「臨場感があり、真実味がある」と認めた。その上で、「自らの手を汚すことなく犯罪を実行し、非常に悪質。一貫して責任回避の姿勢に終始し、反省の態度は見られない」と述べた。

 ひとみ被告は「絶対に関与していない」と無罪を主張し、弁護側は「佐々木受刑者の証言は信用できない」などと訴えていた。【服部陽】



☆‥‥‥‥☆‥‥‥‥☆☆‥‥‥‥☆‥‥‥‥☆
{PR}田丸麻紀さんも愛用している簡単エクササイズ


【送料無料】 レッグマジックX おまかせ安心トータルセット 期間延長、送料無料!!(10月12日(火...
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。